創業明治13年
文化財保護委員会無形文化財選定工場の株式会社安藤七宝店

HOME > 七宝の魅力 > 七寳藏部のご紹介

七寳藏部のご紹介

七宝の歴史

七宝の名品に触れる。

19世紀後半から、日本の美術工芸の花形として欧米で紹介され、その美しさで世界を魅了した七宝。安藤七宝店の作品も「J・ANDO」の名で多くのコレクターの寵愛を受けている。 その七宝の名品の数々は、科学・経済の発展した現代でさえ再び製造することは困難であるとされている。

当社代々の七宝作品、収集してきた国内外の七宝作品の数々は、大正期に当地に建てられた蔵の中で大切に保管され、その貴重な七宝の名品を広く皆様に公開しご覧いただくため、 「七寳藏部」は造られた。

七寳藏部 ~ 安藤コレクション ~

七宝の歴史

住所 名古屋市中区栄3-27-17 名古屋 クロイゾン スクエア内
TEL 052-251-1373
Mail nagoyashop@ando-shippo.co.jp
開館時間 11:00-17:00
休館日 月曜日(および展示替え期間中、名古屋本店の休業日)
入館料 大 人 300 円 / 学 生 200 円 / 中学生以下100 円
(クロイゾンスクエア内で商品ご購入の方は、当日限り入場無料)

ページトップ