HOME > 七宝の魅力 > 製作工程

製作工程

七宝焼には、有線七宝を基本に、無線・盛上・透胎・省胎・彩釉(鎚起)・エマイユ・銀彩など数多くの技法があります。
そして、使用する釉薬も、透明(透け:すけ)・半透明(玉:ぎょく)・不透明(乳色:にゅうしょく)に分けられます。

七宝は各工程全てが専門の職人による分業となっています。
それは、どの工程も大変高度な技が要求されているからに他なりません。

経済産業省指定 伝統工芸品「尾張七宝」製作工程

1

図案の作成

Design

七宝素材の特徴を活かすことを考慮しデザインを作成。

2

素地の作成

Base Making

純銅板を焼きなまして徐々に絞り込み成形する。

3

下絵付け

Sketching

素地の表面に墨で文様を線描きする。

4

銀線付け(植線)

Silver Wiring

素地のアールと下絵の曲線を汲み取り銀線にカーブを作り素地表面に垂直に接着する。

5

銀線ロウ付

Soldering

銀線付けが完了した製品にロウ釉薬を薄く振りかけ線を焼き付ける。

6

釉薬差し

Enameling

デザインに基づいて調合された釉薬で全体を均一に彩色する。

7

焼成

Fusing

800度の窯( 炉)で製品全体を均一に焼きあげる。仕上げ焼きでは焼成途中で製品の上下を逆にする。

6-7を3~4回繰り返す

8

研磨

Grinding & Polishing

表面を滑らかにして光沢を出し、植線をはっきり出すため、最終仕上げには畳表を使ったりする。

9

覆輪付け

Trimming with Metal Band

上下の釉薬止めの部分を飾り金具で覆う、これを覆輪といい材料に銀や真鍮を使用する。

10

完成

Finished Work

数多くの工程を経てついに完成です。

このページトップへ