HOME > 七宝の魅力 > 製作工程

製作工程

七宝焼には、有線七宝を基本に、無線・盛上・透胎・省胎・彩釉(鎚起)・エマイユなど、数多くの技法があります。そして、使用する釉薬も、透明(透け:すけ)・半透明(玉:ぎょく)・不透明(乳色:にゅうしょく)に分けられます。

七宝は各工程全てが専門の職人による分業となっています。それは、どの工程も大変高度な技が要求されるからに他なりません。

こちらでは、七宝の製作工程をご紹介いたします。

通産省指定 伝統工芸品「尾張七宝」製作工程

図案の作成
図案の作成
実際の七宝・釉薬の色を見ながら、原寸大の図案を作ります
素地の作成1
素地の作成1
純銅の薄板を張り合わせ、ろう付けします
素地の作成2
素地の作成2
火を使ってやわらかくした後、型に合わせ形成します
下絵書
下絵書
図案にあわせ銀線をつけるため、墨で銅素地にあたりをつけます
銀線の植線
銀線の植線
素地の曲面にあわせ1.5mmほどのリボン状の銀線を垂直につけます
ロウ焼き
ロウ焼き
銀線を定着させるため釉薬をふりかけ窯で焼き付けます
釉薬差し
釉薬差し
図案にあわせ数十種類の釉薬を用意し、全体に竹ほせなどでつけます
焼成
焼成
十分に乾かした後、窯(850度,15分程度)で焼き付けます
釉薬差しの繰り返し
釉薬差しの繰り返し
焼成後再び釉薬を盛り、色の変化をつけて焼成を3-4回繰り返します
伏せ焼き
伏せ焼き
最後の焼成でさかさまに伏せて焼き、下がった釉薬を戻します
研磨1
研磨1
水をかけ荒い砥石から順に表面を研ぎ、滑らかにしてゆきます
研磨2
研磨2
錫の酸化物、ほう炭などで磨き、表面の光沢を戻します
覆輪付け
覆輪付け
上と下の釉薬止を隠し装飾的意味で銀の輪をつけ、はめつけます
完成
完成
1ヶ月以上多くの職人の工程をへてようやく完成します

完成

このページトップへ